お知らせ

滋賀ICT大賞2019審査結果について

「滋賀ICT大賞2019」にたくさんのご応募をいただきまして、ありがとうございました。
厳正なる審査の結果、以下の作品が受賞作と決定しましたので、お知らせします。

【地域・産業活性化の部】
◎最優秀賞 伊藤祐聖「5374.jp for Ritto ~中学生と連携したデータ制作・活用~」
 http://ritto.5374.jp/

〇優秀賞 株式会社アドバンスクラフト「おけいこしが」
   http://okeiko-shiga.com/

【生活安全の部】
◎最優秀賞 滋賀県消費生活センター「ネットの罠体験ショップ」
 http://shishohi.main.jp/

〇優秀賞 ROOTs「滋賀発 障がい児・医療的ケア児のための子ども福祉情報サイト」
 https://kiwakura0.wixsite.com/roots

【生産性向上・行政サービス革新の部】
◎最優秀賞 該当なし

〇優秀賞  該当なし

【教育の部】
◎最優秀賞 該当なし

〇優秀賞  該当なし

【ICTインフラの部】
◎最優秀賞 該当なし

〇優秀賞  該当なし

第33回(令和元年度)総会を開催します

第33回(令和元年度)総会を以下のとおり開催しますので、お知らせします。

1.日時 令和元年度7月9日火曜日
(1)総会:13時30分~14時30分
(2)表彰式・受賞者プレゼンテーション:14時30分~16時10分

2.場所 ホテルボストンプラザ草津 リンカーンボールルーム
     草津市西大路町1(草津駅西口ボストンスクエア内)

平成31年度データ活用推進事業支援パートナー募集について

標題の件について、以下のとおり募集しますので、お知らせします。

1.概要
 滋賀県地域情報化推進会議にて産学官連携によるデータ活用推進事業を実施することに伴い、
①事業全体の実施計画策定支援や、②分析対象とする地域課題の選定に対する支援、そして、
③分析した結果をどのように活用するか、また、いかに分析結果を使って企業とマッチングし
事業化するかという、分析結果の活用支援を行っていただけるパートナー企業を募集する。

 詳細については、添付の募集要項をご参照ください。

2.締切
 平成31年4月17日(水)17時まで

3.募集要項等資料

01 パートナー募集要項.pdf
02 データ活用推進事業ポンチ絵.pdf
03 研究会開催イメージ.pdf
04 研究会工程と役割分担について.pdf

ICT大賞2019作品募集期間の延長について

滋賀県地域情報化推進会議では、平成31年3月27日を締切としていました
滋賀ICT大賞2019の作品募集について、より多くの方に御応募いただくため、
平成31年4月12日(金)まで募集期間を延長しますので、お知らせします。

皆様の積極的な御応募をお待ちしております。

ICT利活用プレゼンテーション会を開催します!

滋賀県地域情報化推進会議では、2月12日(火)に「ICT利活用プレゼンテーション会」を開催します。

プレゼンテーション会は、県内の企業、団体、自治体等がICT利活用にかかる新情報を取り入れ、地域情報化の取組を進める一助とするため、現在注目されている、AI,RPA,ビッグデータ活用といったICT利活用の先進事例や御提案を発表いただく場として開催するものです。

<開催概要>
■日時 平成31年2月12日(火) 13:30~

■場所 滋賀県農業教育情報センター 2階 第3研修室
     大津市松本1丁目2-20(JR琵琶湖線大津駅北口より徒歩10分)

■プログラム
13:30~13:35    開会挨拶

13:35~14:00  「AI手書き文字認識サービス RPAを活用した事例のご紹介」
                     京都電子計算株式会社
14:00~14:25  「びわ湖FreeWi-Fiの整備状況とビッグデータの取組 Wi-Fiの利活用」
                     株式会社ナユタ
14:25~14:50  「地域の未来を担う子どもたちを育てる小学生ICTスクール事業」
                     株式会社日本ビーコム
14:50~15:00   休憩

15:00~15:25   「携帯電話のビッグデータ活用事例」
                     株式会社NTTドコモ
15:25~15:50   「AIを活用したサービスについて(サイト内検索、SNS・アンケート分析等)」                 キステム株式会社

15:50~16:15   「びわ湖FreeWi-Fiポータルサイトを通じたデータの活用と地域情報の発信」                   近江ディアイ株式会社

16:15~16:40   交流会

■参加申込
滋賀県ホームページ内「しがネット受付サービス」(https://s-kantan.com/pref-shiga-u)の手続き一覧から、検索メニューに「ICT利活用プレゼンテーション会」と入力し、検索をしてください。

滋賀ICT大賞2019の作品募集開始について

 昨年に引き続き、最近のICT活用方法の多様化を踏まえ、ICT活用事例を募集対象として追加し、また、応募部門も利活用シーンに沿った形に再編した「滋賀ICT大賞2019」の作品募集を行います。

 (このICT大賞は、滋賀県が策定した滋賀県ICT推進戦略の一例と想定しています。)

 

 ICTで滋賀を元気にする作品を募集しますので、「滋賀ICT大賞2019」に、ぜひ御応募願います。

 詳しくは、「滋賀ICT大賞について」のページにある募集要項をご覧下さい。

滋賀ICT大賞2018審査結果について

「滋賀ICT大賞2018」にたくさんのご応募をいただきまして、ありがとうございました。
厳正なる審査の結果、以下の作品が受賞作と決定しましたので、お知らせします。

【地域・産業活性化の部】
◎最優秀賞 株式会社AIoT  「湖西線遅延予測LINEボット「オクレール」」
 http://auclair.ai-ot.net

〇優秀賞 有限会社ウエスト  「シガ・マンマ」
    http://news.p-mom.net/

【生産性向上・行政サービス革新の部】
◎最優秀賞 該当なし

〇優秀賞 守山市立図書館  「守山市立図書館ICTアクションプラン」

【教育の部】
◎最優秀賞 該当なし

〇優秀賞 草津市立渋川小学校  「テレビ会議システムを活用した環境学習の全国交流事業」

【ICTインフラの部】
◎最優秀賞 該当なし

〇優秀賞  該当なし

地域情報化講演会を開催しました

 6月20日に滋賀県農業教育情報センターにおいて地域情報化講演会を開催しました。テーマは「地域IoT実装推進の取組」で総務省大臣官房審議官 吉岡 てつを  氏をお招きして講演をいただきました。当日は満席となる58名の方にお越しいただきました。

滋賀ICT大賞2017審査結果について

「滋賀ICT大賞2017」にたくさんのご応募をいただきまして、ありがとうございました。
厳正なる審査の結果、以下の作品が受賞作と決定しましたので、お知らせします。

【ウェブサイトの部(企業部門)】

◎最優秀賞   株式会社BSCインターナショナル 

Tourdu lac『世界一あたたかい湖へ、ようこそ』」

http://www.lacbiwa.com/

○優秀賞      神保真珠商店 「JINBOPEARLS

http://jinbo-pearls.jp

○優秀賞      株式会社 山本園  「山本園 - WITH TEA

http://www.yamamotoen.co.jp/

【ウェブサイトの部(地域活動団体部門)】

◎最優秀賞   認定特定非営利活動法人 eネットびわ湖高島

「びわ湖源流の郷(滋賀県高島市)」

https://biwako-genryu.shiga.jp/

○優秀賞      特定非営利活動法人 D.Live  「NPO法人D.Live HP

http://www.dlive.jp/

○優秀賞      合気道平成会  「合気道平成会による地域貢献」

https://aikido-heiseikai.jp/

○優秀賞      特定非営利活動法人 守山弥生遺跡研究会 「服部遺跡」

http://hattori-iseki.yayoiken.jp/

 

【ウェブサイトの部(公共団体・公共的団体・教育団体部門)】

◎最優秀賞    該当なし

○優秀賞       大津市政策調整部情報システム課  「大津市オープンデータポータルサイト」

http://www.city.otsu.lg.jp/opendata/

○優秀賞       該当なし

【アプリ・オープンデータ・ビッグデータの部】

◎最優秀賞     近江八幡市総合政策部文化観光課 

「近江八幡観光アプリ『たびなび近江八幡』」

○優秀賞        草津市子ども家庭部子ども子育て推進課

「ぽかぽかタウン-草津市子育て応援アプリ-」

優秀賞         株式会社ナスカ  「みんなでさがす仕組み『みつけて.net』」

【アイデアの部】

○優秀賞        立命館大学Sustainable Week実行委員会  「ベジコ」

(敬称略、順不同)

ICT利活用プレゼンテーション会のテーマについて

滋賀県地域情報化推進会議が主催します、「ICT利活用プレゼンテーション会」の
テーマ(課題・ニーズ)募集を現在実施しておりますが、これまでに応募のあった
テーマを以下に公開します。
(今後テーマの応募があり次第、本ページを随時更新していく予定です。)

〇テーマ
1.ICT化による保育業務の省力化
 保育士等の業務負担軽減を目的として、ICT化による定型的な業務の合理化を行い
たい。これにより、業務時間の短縮化、働きやすい職場環境の向上を図り、保育士等
の定着化に繋げたいと考えているので、ICTを活用した解決策や同業種における取組
事例を募集したい。

2.小規模NPO法人における働き方改革
   小規模組織における活動時間、場所、その他環境に属する課題をICTを用いて解決
したい。ICTの活用により組織構成員間における情報共有の円滑化やコスト削減を
図りたいと考えているので、
解決策や取組事例を募集したい。

3.AIを活用した自治体業務支援
 住民サービスの向上を目的として、AIを自治体業務の支援に活用したい。これにより、職員の経験・知識差によるサービスのムラ防止、自治体業務の効率化、スピードアップを図りたいと考えているので、AIの活用事例を募集したい。

4.AIを活用した議事録作成
 会議運営業務が大変多く、議事録作成に大変な労力がかかっている。
AIを活用して音声データから議事録を作成するための方策や事例について募集したい。

5.みんなで作ろう交通安全マップ
 交通事故を減らすためには、GISを用いて事故情報を分析することや、地図アプリを用いて事故の場所や危険箇所を幅広く知らせて、対策をとることが重要である。このためには県警の事故情報を活用するとともに、市民自身がヒヤリハット地点を登録し、危険情報を地図で共有し、幅広い市民に拡げていくことが重要と考える。ICTを使って上記のことを達成するための方策や事例を募集したい。

6.滋賀県内の民泊利用の活性化
 2017年6月から、国主導による民泊などのシェア事業認証制度が開始する。
シェア事業を成長分野と位置付け官民で連携して事業環境を整えるとのこと。
 民泊登録の支援、民泊施設の魅力の打ち出し方、貸し方などをICTを活用して
実践する方法を募集したい。
 県内の民泊事業者が増加したり、県外からの観光客や長期滞在者が増加すると
滋賀県の活性化に繋がると考える。

7.県内中小企業(製造業)におけるIoTを活用した生産性向上の
具体的取組事例およびその成果から見た現状分析について
  滋賀県の県民総生産のうち40%を占めている製造業における
IoTを活用した生産性向上の取組事例を募集したい。
  生産性向上により、採用難や働き方改革による労働時間規制
等に対応したいと考えているので、よろしくお願いしたい。
  また、できるのであれば取組事例導入による成果やその成果を 
生み出した背景についての現状分析についても発表をお願いしたい。